毎日の仕事〜介護福祉士に合格するには

Sponsored Link

毎日の仕事

介護福祉士のほとんどは、介護サービスの現場で働いています。
その中でも介護保険利用者を対象とした仕事をしている人がほとんどを占め、残りが身体障害者施設など介護保険以外の施設で勤務しています。
具体的な仕事は、下の通りです。

 

身体的援助
最も基本となる身体に対する介護です、
食事や排せつ、衣服の着脱、入浴といった生活の基礎となる行為を援助します。
ベッドからトイレへの移動もふくみます。

 

生活援助
掃除や洗濯、調理、生理整頓、ベッドメイキングなどです。
利用者の生活の安心、安静、豊さなどを支える大切な援助です。

 

相談援助
利用者や家族は、要介護にある状態の中で、様々な不安や思いを抱えています。
具体的相談ごと、思いのとこを受け止め、生活の意欲を引き出す重要な仕事です。

 

社会・文化的活動援助
散歩する、行事に参加する、趣味活動を行う、旅行するといったレクリエーション活動と呼べるものです。
精神的、社会的、文化的な欲求の満足は豊かな生活につながるものです。

Sponsored Link