要介護者のための介護サービス〜介護福祉士に合格するには

Sponsored Link

要介護者のための介護サービス

要介護と認定されると、要介護1〜5の利用者との話し合いの上で、ケアマネージャーが必要なサービスを組み合わせて、介護サービス計画を作成し、それに基づき介護サービスがおこなわれます。

要介護者のための介護サービス記事一覧

訪問介護

介護等を必要と認定された方の家庭を訪問し、 食事・入浴・排泄などを介助する「身体介護」や、掃除・洗濯・買い物・調理などの「生活援助」を訪問介護計画(ケアプラン)に沿って行います。訪問介護は介護の基本です。利用者の自宅という個人的な空間に直接たずねるわけですから、利用者との信頼関係を築くことが大切です...

≫続きを読む

 

訪問入浴介護

家庭に簡易浴槽を持ち込み、介護職員から介助を受けながら入浴できるのが訪問入浴介護です。利用の対象となるのは、主に次の場合です。病気などのため、通所介護施設などで入浴することが難しい。病気などのため、自宅の浴槽でうまく入浴することが難しい。自宅に風呂が無く、病気などのため外出も難しい。入浴は身体に負担...

≫続きを読む

 

通所介護

要介護者がデイサービスセンターなどへ通い、入浴、排泄、食事などの介護、機能訓練を行う日帰りの介護サービスです。要介護者が通所介護サービスを利用することで、介護者が日中に自分の時間を過ごすことでき、介護の負担の軽減にもつながります。施設への通所は、希望があれば送迎サービス(有料)が利用できます。

≫続きを読む

 

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションは、別名デイケアともよばれます。デイケアは、介護老人保健施設・病院・診療所などの医療施設に通い、通所リハビリ計画に従って理学療法や作業療法などのリハビリテーションを受ける介護サービスです。病気やケガで入院した場合、医療機関で治療やリハビリテーションを受けることになりますが、医療...

≫続きを読む

 

短期入所生活介護

短期入所生活介護は、ショートステイと呼ばれています。(ショートステイは、短期入所生活介護と短期入所療養介護の2つに大きく分けられます)短期間だけ施設に入って、排泄や入浴、食事などの日常生活の世話をしてもらったり、心身の機能を維持・回復させるための訓練などを受けたりするサービスです。基本的に、医療的な...

≫続きを読む

 

短期入所療養介護

短期入所療養介護は、ショートステイと呼ばれています。(ショートステイは、短期入所生活介護と短期入所療養介護の2つに大きく分けられます)介護老人保健施設や療養病床などを利用してサービスを提供していることが多く、日常的な生活の世話のほか、看護や機能訓練といった医療的なサービスを受けられます。事業者にもよ...

≫続きを読む

 

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護とは、具体的には有料老人ホームやケアハウスのことです。特定施設に入居している要介護者に対して、介護サービス計画に基き、入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上ならびに療養上のお世話、機能訓練をすること指します。働く職場として老人ホームの大きな特徴は、入居者全員が要介護者とい...

≫続きを読む

 

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設とは、特別養護老人ホームとも呼ばれ、原則65歳以上の高齢者の、要介護者に対して、介護保険サービスを行なう施設です。利用する要介護者に対し、介護サービス計画に基づき、 入浴・排せつ・食事等の介護、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行ないます。

≫続きを読む

 

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、従来通り地域の介護が必要な高齢者を支援していく施設として位置づけられます。病状が安定し、治療や入院の必要はないが、リハビリを含む看護や介護などのケアが必要な方が要介護認定を受けられた後、利用できます。利用者各個人の必要に応じ、医学的管理のもとケアプランに基づいた日常生活の看護・介...

≫続きを読む

 

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設というのは、急性期の治療が終わって自宅へ帰るまでの間に、治療や介護、リハビリテーションなどを行うための高齢者の施設です。この施設には、要介護1から5という認定を受けている方が入所対象となります。この施設で治療や介護、リハビリなど、機能回復訓練を受け、自宅での自立した日常生活を送るこ...

≫続きを読む

 

夜間対応型訪問介護

要介護状態となった場合において、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、夜間において、定期的な巡回又は通報によりその者の居宅を訪問し、排せつの介護、日常生活上の緊急時の対応その他の夜間において安心してその居宅において生活を送ることができるよ...

≫続きを読む

 

認知症対応型通所介護

認知症対応型通所介護とは、日常生活に必要な入浴・排泄・食事などの介護など身の回りのお世話や機能訓練を施設などで受けるサービスで、認知症(痴呆)の方が対象となります。認知症対応型通所介護は、2005年に改正された介護保険法により、2006年から施行された地域密着型サービスのひとつとして、新設された介護...

≫続きを読む

 

認知症対応型共同生活介護

利用者の認知症の緩和や悪化の防止を図り、自立した日常生活を営むことができるよう、食事、入浴、排泄等の介護や、機能訓練、その他必要な援助を行う介護福祉施設です。特徴としては、事業所の指定が都道府県ではなく市町村であるため、サービス対象がその市町村に住む人に限定されることです。

≫続きを読む

 

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護は、通所介護(デイサービス)を中心に利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問介護の3つのサービスを一つの事業所で行なうものです。3種類の介護サービスを顔なじみのスタッフから受けることができるため、人見知りしがちな方でも安心して利用できます。小規模多機能型居宅介護には利用定...

≫続きを読む

 
Sponsored Link